カテゴリ:Kakishibu/柿渋革( 5 )

2012年 04月 06日
柿渋染の革
e0171929_2314037.jpg
e0171929_2315498.jpg


良質のタンニンレザーに天然柿渋液を刷毛で何度も塗り、陽にあてて焼くこと数十回、
仕上がるまでに数日・・・お天気の状態によっては1ヶ月ほど掛かることもあります。

たっぷりの手間と時間が掛かりますが、仕上がりを見るとやっぱり革と柿渋の相性は素晴らしく良い!と感じます。

新潟に越してきて数ヶ月、新潟の冬は太陽がほとんど顔を出してくれません。
柿渋はただ染めたり浸けたりしただけでは染まりません。
太陽の光で焼かないと染まってくれません。

よって柿渋のアイテムは春~秋までの限定制作となりそうです。

他のアイテムも柿渋染めで制作できます。
お見積もり・ご質問はお気軽にどうぞ!

柿渋の定番アイテムはこちら
[PR]

by eltopo-design | 2012-04-06 02:41 | Kakishibu/柿渋革
2010年 11月 07日
柿渋レザー
e0171929_21374564.jpg


柿渋染のレザー。

なかなかの個性的な表情ですが、決して派手ではありません。
この辺がこの革の不思議なところです。どこか上品で落ち着いた雰囲気を感じます。

柿渋染は全て一点もの。
ご注文を頂いてからゆっくりゆっくり時間を掛けて染め付けます。
[PR]

by eltopo-design | 2010-11-07 21:55 | Kakishibu/柿渋革
2010年 08月 21日
柿渋革のコースター/レザーコースター
e0171929_1530233.jpg
e0171929_15301724.jpg


柿渋革のコースターができました。
柿渋革は実に良い雰囲気です。思いつくものを何でも作りたくなってしまいますね(笑)

何度でも言いますが、なんとも和風の香りがたまりません。
写真ではその魅力がほんの僅かしか伝わらないのが非常に残念です。

是非是非お手にとってその良さを実感して頂きたいと思っています。
少しでも気になって頂けましたら、きっと気に入って頂けることと思います。


柿渋染めした革は多少の防水の効果も期待できます(もちろん完全ではありません)。
冷たいグラスのコースターにお勧めです。

定番コースターのページも少し写真を追加しました。
良ければ合わせてご覧になって下さいね。

こちらからどうぞ。
[PR]

by eltopo-design | 2010-08-21 15:46 | Kakishibu/柿渋革
2010年 08月 18日
柿渋染レザー ループブレス
e0171929_19353038.jpg
e0171929_19353572.jpg


柿渋染レザーのブレスレットができました。
今回アップしたのはシンプルなギボシ留めシングル・ダブルの2本。

柿渋染めのレザーは個性的で存在感も独特。
このレザーは特に飾りなど必要ナシ。

不思議と漂う和の香りと自然生まれの雰囲気を十分に楽しんでほしいと考えています。

Web更新済みです。宜しくお願いします。
[PR]

by eltopo-design | 2010-08-18 19:46 | Kakishibu/柿渋革
2010年 08月 06日
柿渋染レザー ミドルウォレット
e0171929_15265752.jpg

e0171929_15261812.jpg

e0171929_1526516.jpg


定番のミドルウォレットに柿渋染めのものが仲間入りしました。
価格は少し高めですが、作り・品質はお約束します。

13.5cm×10cmの使いやすいサイズで仕様は最低限。
シンプルですが、普段使いのお財布としては十分です。

小さくスマートに見えますが、カードの収納は20枚以上、硬貨もたっぷり入ります。

表革に柿渋染め加工を施すことにより、ヌメ革の弱点の水濡れ・汚れ(通常の仕様ではあまり発生しませんが)カビなどを防ぎます。

雨の日などは気をつけていてもいつの間にかお財布が濡れて水が染み込み、点シミになってしまいますが、柿渋のコーティングが水を弾き、更にいつでも清潔にお使い頂けます。

麻糸も同じく柿渋染めを施しています。
麻糸は蝋引きのみでも十分に強いのですが、柿渋で染めることにより、更に強い糸となります。
10年は余裕、大切にお使いいただければ20年30年と使えるはずです。

Web更新済みです。よければご覧下さい。
[PR]

by eltopo-design | 2010-08-06 15:42 | Kakishibu/柿渋革